ブログBLOG

2世帯住宅は距離感がポイント

2021.9.08

まだ9月初旬ですが朝夕と大分涼しくなってきましたね。季節の変わり目の時期、体調を崩さない様に注意しなければ・・・。

今年の夏は異常気象の影響で雨が続き、更にコロナ禍で出来るだけ外出も控えていたのでどことなく体が重い。運動不足を解消するために昨日は晴れ間をみて久しぶりに佐鳴湖に散歩に行ってきました。

 

 

柔らかな日差しと心地よい風を感じながら1周6キロのコースを約1時間ちょっと。森林の中、新鮮な空気を浴びながら歩くコースに心も体もリフレッシュ出来ました。野鳥達も少しずつ戻ってきた様に感じます。

 

心地よく繋がる2世帯住宅

先週末から開催中の完成現場見学会。今回は2世帯住宅のお家です。

2世帯住宅には主に3つのパターンがあります。

・完全共有型

・部分共有型

・完全分離型

一つ目の完全共有型は、一つの住宅を二世帯で共有するパターンです。玄関やリビング、トイレやお風呂などの水回りなどを一緒に使用するため、同居感が強く出やすいパターンです。

二つ目の部分共有型は、一部分を共有する二世帯住宅のパターンです。「玄関のみを共有」「玄関と水廻りのみを共有」「玄関とリビングのみを共有」といくつかのパターンがあり何処を共有するかで住まい方が変わってきます。

3つ目の完全分離型は、玄関や水回りなどすべてを分離するパターンです。

それぞれメリットやデメリットはありますが、やはり2世帯住宅を検討する際、お互いの距離感がポイントになってきます。

 

今回のお家は水廻りの一部を世帯で分けて2階に子世帯のくつろぎスペースとしてセカンドリビングを設けた形の部分共有型の間取りとなっております。

 

 

こちらは1階のリビングダイニング。畳スペースが和の落ち着いた空間を演出。吹抜けがコミュニケーションの場としてそれぞれのプライベートを確保しつつ互いの距離感をうまく繋げてくれています。

 

「素敵なお家ですよ★是非ご覧になってください」と体いっぱいに表現してくれているのは設計の手島さん。

今回のお家も見所満載となっております。週末12日(日)まで開催しております。

2世帯住宅をお考えの方、必見ですよ!!

→詳細はこちらから

 

 

関連ページ

インテリア 二世帯 見学会・イベント

関連ページ

増田 公男

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

増田 公男

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)