ブログBLOG

限られた土地を生かす

2021.8.04

東京オリンピックも終盤を迎えました。自国開催ということもあり無観客での開催ではありますが、毎日選手たちの熱い演技や試合に勇気と感動をいただいております。

コロナ禍の開催で賛否両論ありますが、頑張れニッポン!!選手の皆さんの活躍に期待しています。

 

狭小地での計画

土地を購入する際、立地や周辺環境、コストなどを含め敷地の間口が狭かったり廻りが建物で囲まれた土地で新築の計画を検討されている方もいると思います。

「限られた土地で快適に暮らせる家をどう作るか」という点で採光やプラバシー、通風などにおいて当然工夫が求められます。

 

 

まさに狭小地といった土地で建てたこちらのお宅。廻りが建物に囲まれており一見、室内が暗くなりがちに思えますが・・・

 

 

中央に設けたリビングに吹抜け空間を設け2階からのハイサイド窓やトップライトによって十分な採光を確保しております。窮屈と思える部屋も息苦しさを感じさせない落ち着いた開放的な空間に仕上げています。

 

 

1階のサッシも隣家の窓の位置を考えながらプライベートを確保する為にあえて窓の大きさや位置を考慮しています。

 

建物が密集する都市部においてはこういった狭小地での新築計画がほとんどだと思います。居心地の良い場所をどのようにして作るか。吹抜けだけにこだわらず例えばそこから見える視線の位置にピクチャーウインドウを設け、その先に緑を植えるだけでも心休まる場所を作ることが出来ます。

現在狭小地で新築を計画されている方の参考になれば幸いです。

イベントのお知らせ

【予約〆切8/9(月)】HP限定特別内覧会(静岡県袋井市上山梨)

 

 

開放感のある吹抜け空間に趣味を楽しむスキップフロアが特徴的なお住まいです。

外観も迫力のある大屋根で見所満載のお家です。

是非この機会にご来場ください。

 

 

関連ページ

インテリア

関連ページ

増田 公男

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

増田 公男

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)