建築事業部長
ブログ

一覧へ戻る

お客様の目は経営の目

2010年11月5日(金)

最近いただくお客様アンケートで、「もう少し休んでくださいね」「仕事量が多すぎるのでは?」と、お気遣いいただく内容が増えているのも事実でして。。。
先日届いたお客様アンケートのコメントでも「働きすぎなくらい働いている様子なので、心配になりますがこれからもたくさんの人々に感動を与え続けて下さいね」と、こちらを気遣ってくれるコメントをいただき、「着手が遅すぎた・・・。変な気を遣わしちゃったな?」と、大、大、大反省です。
改善しなければ・・・、と思いつつも、日常業務を優先するあまり、枝葉の改善は日々行っていましたが、なかなか幹である本質部分に着手できずにいました。
大きな問題が発生したわけではないですが、このままではいつか発生するだろうな、という危機感と、一歩上のステージに上がるために通らなければならない道。
本格的に『社内業務改革』着手しました。
とりかかったばかりですが、簡単に表現すれば、タンスの中のものを一旦ぜ?んぶ出し、必要な場所に必要なものを、整理整頓していれる。
古くなったものは捨て、しかも、誰からも見えるようにクリアな衣装箱に入れ直す。
そんな感じでしょうか。
昨日より今日、今日より明日と、進化を目指し、サービスを強化し、どんどん詰め込んだことで、タンスがいっぱいになってしまったのです。
お客様に対しての目的がぶれているわけではないので、それはいいのですが、社内の環境整備を後回しにしてしまったことが、結局、社員に負荷をかけてしまっていた。
サービスを向上し、業務に夢中になることは、企業としても、そこに属している一個人としても、ベクトルをあわせて進んでいくことは当然のことだと思うのですが、リーダーは全体をしっかり俯瞰しなければと。反省。
まずは、変えるべきは自分。そして会社内部。
これからも大きな志をもって仕事をしていくのですが、「快適な住環境事業の創造を通じ、社会と社員の生活向上に貢献する」というIGの企業理念に、より忠実な体制を築きあげます。

(クリックで拡大します:磐田市Te様からのアンケートの一部)
このような素敵なお言葉をいただけるよう、本質は変えず、サービスの質はもっともっとあげていきます。

11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Profile
常務取締役 事業部長:立田 裕樹

1973年袋井市生まれ。井上シロアリ研究所(現アイジーコンサルティング)に入社。耐震事業部、リフォーム事業部を経て、現在はアイジースタイルハウス建築事業部長。「豊かな暮らしは家族の未来が見えること」をコンセプトに、住む人にとって安心・安全で嘘のない家づくりを追求。今後も幸せを提供できるスタッフと幸せを感じてもらえるお客様を増やし、磐田~名古屋圏でNo.1のライフスタイルメーカーを目指す。

シェアしてね

ツイート
前の記事を見る
一覧へ
戻る
後の記事を見る
この記事に関連したブログ記事

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN