アイジースタイルハウス ホーム  >  設計・施工管理課長 ブログ

設計・施工管理課長ブログ

2017.03.23

吉田です。

 

本日は長久手のK様邸にて防水検査。

立地が緩やかな傾斜地でしたので、低い方はこんな感じで敷地と道路に高低差ができます。

IMG_2939

周囲のお宅は擁壁でガッツリ造成されているパターンが多かったですが・・・

今回、K様邸では深基礎を採用しました。

IMG_2936

IMG_2937

わかり辛いですが、通常の基礎高が700のところ、1700mm ということでした。

 

メリットはまず、コストですね。鉄筋を組んで型枠組んで、コンクリート打設して、というサイクルが少ない方がコストは安くなります。

つまり、擁壁を作るのと基礎を作る作業を兼ねることによって、コンクリート打設も埋め戻しも兼ねることができるのでそれが可能になります。

 

それと、もしその下の部分を駐車場として利用するならその面積も広く確保することができます。逆を言えば、家を広く建てることができる。

 

逆にデメリットとしては、外周の通路が遮断されるので、例えば東面に行きたいならグルッと西から南を経由しないと行けない、とか。

改修時に足場を建てる時、多少足場面積が増えるのでコスト高になるとかが考えられます。

 

ご近所を色々見てみましたが、パターンは様々。当然どんな条件でも2者の選択ができるわけではないですが、選択できるならメリット・デメリットは両面で検討したいところですね。

 

一見、傾斜地で盛土がドーンってある土地だと、「造成が大変そうだ・・・」と思われがちですが、然程でもない場合もありますので、まずは建築会社にご相談いただくのがいいかと思います。ちなみに、今回の深基礎部で掛かった費用は35万ほどでした。

 

ご参考まで。

 

2017.03.20

吉田です。

 

昨日は磐田市でリフォーム補助金活用セミナーでした。

年度がわりなので、平成28年度の内容をふまえて説明するものの、29年度の内容も微妙に変わってくるような情報が出てきているため、実績と予測をいろいろ組み合わせながらお話しさせていただいております。

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業やら、住宅ストック循環支援事業やら、

省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業やら・・・・(30万、60万、100万、150万・・・っとなかなか高額)

なんせ名前が長いので、私でもたまに言い間違えます。

IMG_2922

他にも中古住宅を購入されてリフォームをされる場合は住宅ローン減税も最大400万!とかなかなか手厚くなっています。

市町村によっては市外からの転入者を増やしたいということで補助金(100万!とか)も用意されていたり。

 

まあとにかく色々です。しかも、5月になって公募されるものから、既に開始され6月に締め切られるものもあったり、タイミングも色々。

当然、それぞれ申請手順、書類もバラバラ。間もなく43歳になる私には知恵熱が出そうな状況ですが、できる限りベストな提案ができるように奮闘しております。

 

3/26は岡崎市にて、その後も各所で月1回のペースで開催予定ですが、使える補助金ほど前倒しで締め切られる可能性もありますので、とにかくお早めにお越しいただくことをお勧めしております。

 

宜しくお願いいたします。

 

 

 

2017.03.17

こんにちは、林です。

3月も折り返し点を過ぎ、現場監督が一年で最も忙しい時期に突入しました。

前の記事にも書いてありますが、

多くのお客様は4月から新生活を新居で!という事で、毎年お引き渡しがこの3月に集中します。

ですので、多くの現場が完成間近の追い込みに入っているという訳で。

せわしないです。

CIMG3336

こちらの明るめなインテリアのお住まいももうすぐ完成。

何だか照明器具が北欧系ですね。

CIMG3318

リビングに作り付け家具として設けるカウンターと、吊り棚。

いわゆる魅せる収納ですね。

晴れて完成したら、整って綺麗になった写真もお見せできるかも知れません。

そして、

今週末は、豊明市と、豊川市の2か所同時完成見学会!

豊川市の方は予約制となっておりますので、御注意を!

 

2017.03.16

吉田です。

 

年度末に向けて、お引渡し前の検査ラッシュです。

本日は春日井市のS様邸へ

IMG_2900

IMG_2902

真壁(柱や梁などの躯体が見えている)風に仕上げ、床は杉を採用。

落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

IMG_2905

外観はこんな感じで。

 

かわってこちらは岡崎市のO様邸

IMG_2907

大きな屋根は共通していますが、羽目板を張る事で雰囲気は変わりますね。

ウッドデッキの色もかなり家の雰囲気を変えます。

 

これに瓦の色がいぶし銀だとさらに和風色が強くなります。

 

弊社の建物は洋風のプロバンス風っというイメージが強いようですが、最近はこんな感じが多くなってきました。

和風、北欧風、南欧風、アメリカンスタイル、色々アレンジできますので、まずはご希望のイメージをお伝えください。

 

では、また。

 

 

2017.03.15

こんばんは、林です。

暮らしフォト

暮らしフォトに幸せインタビュー。

少しづつ着実に増えて来ています。

3月末という事で、お店や現場の方はバタバタしておりますが、何とかやっております。

世界の1

世界の2

さて、ホームページの方ではこんなところで少し内容が充実しております。

「世界の家づくり」

世界の他の国々ではどの様な家づくり、どの様な基準が定められているのか書いてあります。

日本よりも深い見識から定められている所が多数あります。

そして、我々アイジースタイルハウスも、日本の基準だけ守れば良いというのではなく、

より安心・安全な住まいの考え方があるならば積極的に取り入れていこうというスタンス、基準でおります。

その為の、情報の一つとして是非御覧下さいませ。

2017.03.14

吉田です。

 

今日は、豊橋市でリフォーム中のM様邸へ検査に行って参りました。

施工していたのは ケンボー (刈部建築さん)

RIMG5787-1024x576

実はケンボーは来週結婚するんです!!!! おめでとう!!

ちなみに私、祝辞を言わねば・・・なんです。で、今日は色々質問攻めしてきましたが、何で結婚しようと思ったの?と聞くと、「人生設計通りです」 と。

 

なんだかカワイイ顔して、全くかわいくない答えが返ってきました。

まぁでも、意外と頑固な一面がありますからね。私が「こうやってやれば?」と言って「わかりました」と答えておきながら、結局自分のこだわりは曲げずに、自分の信じるやり方を貫くタイプです。

 

そんな刈部建築さんが施工しているのは、こんな感じで大規模改装工事です。

IMGP1926

大きな間取り変更はないですが、内装をほぼ全てやり替えています。

が、あえて土壁は残して。

IMGP1831

床は新しく断熱材を入れて。

 

愛知県の既存住宅は土壁が非常に多いです。気候風土、職人文化など色々影響していると思われますが、今でも新築で土壁が施工されているのをたまに見かけます。(但し、土壁は乾燥期間が長く必要で、工事期間は通常の2~3倍は掛かります)

この土壁、今の高性能なモノと個々の性能を比較すると劣る部分はありますが、防火性能、断熱性能、調湿性能をあわせ持つ優れものなんです。しかも竹を組んで土で固めているので、壁としての強度もあります。

 

従って今回は残せる範囲は残すことにしました。

新たに施工しようとするとコストもそれなりに掛かるものですからね、古き良きを残しながら。

リフォーム工事においては大切ですね。

 

では、また。

 

2017.03.11

吉田です。

 

風邪をひいたのかと思っていたら、熱は出ないし、突然くしゃみが止まらなくなるし、、、、

「それ風邪じゃなくて、花粉症ですよ!」 と花粉症の方に嬉しそうに言われます。

「そんな、、、絶対花粉症じゃない! 風邪だ! 俺は風邪をひいたのだ!」とよく分からない強がりを言っています。

 

さて、そんな春目前の本日。豊明市のN様邸検査に行って参りました。

IMG_2888

とにかく明るい!

IMG_2886

落ち着きのある内観

IMG_2885

まだ基礎断熱を採用前に建てた吉田家よりもはるかに暖かく感じました。

来週見学会開催予定ですので、しかも予約がなくてもご来場いただけますので、ふらりとお越しください。

 

こういうのもいいですね

IMG_2883

寝室の1面だけをアクセントで、〝くしびき〟パターンですね。こうやって陰影を出せるのも塗り壁の特徴です。

我が家はパターンを指示するのが面倒になってしまい、全部同じパターンにしてしまいましたが・・・同じようなブラケットライトが数箇所にあるので、どこかでやっておけばよかった、と後悔。。。

 

ちなみに、くしびきは生活動線での採用は避けた方が無難かと思います。陰影はいいんですが、触った感じはなんかムズムズする感じです(すいません、吉田感覚表現で)。他のパターンに比べ多少欠けやすいというデメリットもありますので、こうして居室やトイレの1面でご採用いただくのがBESTかと思います。

※見学会にお越しの際、私の感じるムズムズを体感しようとして、あまり触り過ぎないでくださいね。てのひらで優しくタッチでお願いします。

 

弊社の建物は左官の仕上がりも自慢の一つですので、見学会では大きな間取りとかだけでなく、表面のテスクチャーを楽しんでみて下さい。

 

では、また。

 

 

 

2017.03.10

こんばんは、林です。

こちらのブログ、絶賛急上昇中です。

1

我々のブログ、月間アクセス数等、1ヵ月の間にどれだけの方に見て頂けたか?

分る様になっておるのですが、

先月から一気にこのブログに抜かれました(汗)

悔しいですが、是非是非読んであげて下さいませ。

さて、もっと御覧いただきたいのは、こちら。

「アイジー家族の幸せストーリー」

無題

家づくりを考え始めてから、完成までのプロセスがストーリー仕立てに

書かれておりまして。

とても読むと気持ちが良いので、一人でも多くの方に読んで頂きたい気持ちです。

こちらを是非!

 

2017.03.09

こんにちは、林です・

3月に入り強風吹きすさぶ日々ですね。

我が住まいのアパートは窓が飛んでいくんではないかというぐらいガタガタ言ってます。

昨年より我々のメンバーに新築ラッシュの波が来ていますが、羨ましい限りです。

さて、3月18日,19日の週末は、スタイルハウス全店で見学会など開催の予定となっておりまして。。。

ほぼフルメンバーどこかの会場にいる勢いです!私も2カ所応援。

早速名古屋メンバーが宣伝に励んでいますね。

1

左が設計の森。右がコーディネーターの坂。

同じ画像になっていますが、中の記事は別物です(笑)

2人のポイント解説がそれぞれ全然違うのが非常に面白いので、是非御覧下さい。

e0ed73b91a3292817412b19a928896e7-1024x768

こちらは以前建てさせて頂いたお住まい。

こちらをモチーフに現在2件進行中。

少しづつ家族のスタイルに合わせて違いが出てきています。

nagoyameitoukuS009_1600-thumb-1066x1600-74778-682x1024

薪ストーブ採用のお住まいも、以前は豊橋・名古屋の専売特許だった感がありますが、

浜松の方でも増えて来ました。

ようやく、この良さが浸透してきてとても嬉しいです。

では。

 

2017.03.06

吉田です。

 

弊社の建物に住んでいる方は肥満率が低い・・・が、私は例外ですか・・・

まぁ、食べまくり、飲みまくりでは仕方なしですね。でも地道に体重も減っているので、もしかしてもしかすると、です。

 

さて、卒業式のシーズン。別れの季節、出会いの季節。

これは実は我々にとっても同じことです。やはり新年度を新居で迎えたい、というお客様が多いので、毎年3月の引渡しというのは多い傾向にあります。また、翌年の春に入居したいというお客様が本格的に家づくりに向けて動き出す時期でもあります。

 

従って、我々にとっても出会いと別れの季節なのです。(別れと言っても、アフターメンテナンスではお付き合いの始まりですが)

 

岡崎市で建築中のO様も3月末でお引渡し予定。現場は仕上げ工程終盤に差しかかっています。

RIMG2940

足場も解体されました。

内部では、記念に手形を残されたようです。

RIMG3040

過去には、足形だったり、ネコちゃんの手形だったり。さすがに顔形ってのはなかったですが、塗り壁ならではの思い出の残し方があります。左官の腕に自信あり! という方は1部屋塗っていただくこともありました。(逆にやる気だったけど難しくて断念したお客様もいらっしゃいます)

 

いずれにしても、家造りというのはモノもコトも楽しんで思い出にして欲しいものですね。

もし何か案がございましたら、可能な限り対応させていただきますので監督にご相談下さい。

(例えば、壁の中に未来への手紙を残すとか。。。土中に未来カプセルでもいいですね)

 

では、また。

 

 

 

 

2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
プロフィール
設計課 課長:林 行信
(はやし ゆきのぶ)

■資格
・一級建築士
■お客様へのメッセージ
プラン・設計を担当しております。お客様のご要望を取り入れながら、構造・デザイン・使い勝手を考慮した間取りをご提案します。

プロフィール
施工管理課 課長:吉田 俊介
(よしだ しゅんすけ)

■資格
・一級土木施工管理技士
・一般耐震技術認定者
■お客様へのメッセージ
施工管理の統括管理をしております。主に品質管理に重 点を置き各地域の現場の検査・工事計画を行っています。より長持 ちする工法を日々検証しています。

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア