アイジースタイルハウス ホーム  >  設計・施工管理課長 ブログ

設計・施工管理課長ブログ

2017.02.24

こんにちは、林です。

人間ドッグ。。。まだ一度も受けた事がありません。

私も先日を以て39となりました。そろそろ一度チェックして見た方が良いかなと思うこの頃です。

さて、住まいの方でも、リフォーム・リノベーションを施し性能を大幅に向上させ、

室内の暖かさ、夏場の涼しさ。そして、身体が以前よりも楽になる様に変える事が出来ます。

そんな住まいの御紹介。

_MG_7678

昭和63年に建てられたお住まいの室内を大幅にリフォーム。

当社でいつも使っているパインや羽目板、漆喰の自然素材と、元々お住まいについていた

螺旋階段が絶妙に組み合わさってとても素敵な空間に仕上がっています。

_MG_7682

左手に見える×形の木材は、筋交いです。住まいを地震から守る為の耐震補強。

しかし、室内の開放感も損ないたくないという時、この様な化粧で筋交を出す事もあります。

_MG_7716

勾配天井には間接照明を仕込んで、ライティングにもこだわりが盛り込まれています。

リフォームというと、どんな事まで出来るの??と中々分らない事もございますが、

こんな事まで出来るんだと思って頂ければ嬉しいです。

是非御参考下さいませ。

2017.02.23

吉田です。

 

人間ドック行って来ました。

もうすぐ43歳。100歳まで生きるつもりなので、まだ半ばにも満たないですが、人間も家も早いうちのお手入れが重要だと思うわけです(真面目に)。

IMG_2737

当然私のデリケートな情報モリモリなのでモザイクだらけですが、結果、「メタボリックシンドローム予備軍」確定!

ってことでして、折角ですので特定保健指導を受けることにしました。

 

意外と面白いですよ。

自分で目標と行動計画を立てて、そこに対してその行動計画通りで目標が達成できるか数値的に確認してアドバイスをくれます。

例えば私が、半年後までに中性脂肪を〇〇まで落とすという目標を立てたら、その為には毎日30分のウォーキングと夜のお酒は2合までにしましょう、とか。逆に昼のラーメン&ライスは大丈夫ですけど、できれば野菜も食べください、とか。

で、1ヶ月後にメールで状況報告して、3ヶ月後に再度血液検査して、半年後に最終状況確認を行うってわけです。

 

やはり、家も同じでしょう。漠然と長持ちさせたい、というのもダメではありませんが、そうすると対策の内容や期日が曖昧になってしまいがちです。

今の現状がどんな状態で、あと30年は安心して住み続けたい。その為には、塗装でいいのか、むしろ張り替えたほうがいいのか? とか、 床がブカブカしてきたけど、下地から交換したほうがいいのか、床板だけで大丈夫なのか。 などなど。

 

当然それによってかかる費用も異なりますし、耐用年数も変わります。

 

つまり、お客様には、あと何年住み続けたいかをイメージしていただく。そして、リフォームの前にまず現況検査を実施して状態を把握する。で、更に補助金も利用できたらGOODですね。ってことで、人間ドックならぬ「家ドック」、やりましょう。

まずこちらから。

 

宜しくお願いします。

 

2017.02.23

こんにちは、林です。

ここ最近風が強い。。。春一番でしょうか?

さて、またしても薪ストーブネタというか、何か楽しそうな写真が届きましたので、御紹介。

_MG_7487

豊橋店のメンバーと、オーナー様でパーティーをやったそうです。

大人数が集まっても、こんな吹き抜けの開放感があると場にゆとりがあってとても気持ちが良さそうです。

_MG_7394

_MG_7426

_MG_7453

料理はこんな感じ。なんと美味しそうな。。。

薪ストーブならではの料理が並びます。

_MG_7463

完成後にも、弊社のメンバーとこんな時間を設けて頂きまして、

誠にありがとうございました。

2017.02.20

吉田です。

 

最近、リフォーム工事のご依頼が多くなり、同い年の彼と行動を共にすることが多くなっています。

IMG_2695

ちょっとだけ?だらしない面もありますが・・・基本的に建築大好きなので、プランニングしている時は楽しそうです。「折角のリフォームなので、快適にならないと・・・」と口癖のように言っています。

静岡県西部地区はそんな野沢が担当しておりますので、宜しくお願いいたします。(たまに私もついていきます)

 

さて、最近私は3月末にお引渡しする現場の検査で東奔西走しております。

先週末は春日井市のS様邸へ

IMG_2658

養生が巻いてあるのは丸太(野物)の梁 ですね。

IMG_2657

そして当社では珍しい真壁仕上げ

(真壁とは和室によくある、柱が露出した仕上がり)

IMG_2659

そしてデカい塗装職人の森本さん。木部の塗装中です。

 

まぁ、森本さんネタはオマケですが、

当社はいかにも洋風、というイメージが強いようですが、ここ数年はかなり和モダン仕様も増えてきました。

施工事例も是非ご覧ください。

 

 

 

2017.02.17

こんばんは、林です。

懲りずに又しても薪ストーブです。

徐々に暖かくなって来たので、皆様に響く期間もあと少し。

そこまでは続けます(笑)

_MG_7114ーs

こちらのお住まいはプロヴァンス風のお住まいの中に薪ストーブ。

右側に見えるカラフルなモノたちは、、、

_MG_7113ーs

ボルダリング!

お子様たちがココをよじ登ると、その向こうはスキップフロアーのスタディコーナーに。

とにかく、住まいの中がエンターテイメントなお住まいです。

_MG_7185

ピザ焼き中の様子。

_MG_7254

焼けたピザ。何とも美味しそうで。。。

_MG_7308

マシュマロ焼き中。こんな感じで楽しむ事も出来るんですね。

因みに、こうやって焼いたマシュマロとかワッフルとか、ほんと美味しいです。

電子レンジとは比べ物になりません!

と、こんな感じで楽しく暮らしておられるお客様。良いですね。

 

2017.02.16

吉田です。

 

この(タイトル)ネタ、2年前の冬でしたっけ? クマムシは・・・最近・・・お元気でしょうか。

先日、豊明市のN様邸で検査していた時、1人だったので軽く口ずさんでいました。先週の寒い時でしたので、外はブルブル震える寒さでしたが、中があったかい理由は・・・

IMG_2637

IMG_2640

この明るいリビング。贅沢な空間ですね。私なら日向ぼっこしながらビール飲んで、読書して、ゴロンと昼寝しますね。憧れる!!

 

我が家では南東向きの配置、かつ南面に大きなマンションがあることから冬の日照時間は少なめ。それ故に一晩留守にしているとさすがに冷えます。(どれだけ断熱性能を上げても熱源がなければ寒くなるものです。人がいるだけでもだいぶ違いますし、料理をしたりお風呂に入っても変わりますね)

やはり冬になると南向きに大きな窓が欲しい!って思います。

 

「その分夏、暑いじゃん!」と言われそうですが・・・それは否めませんが、シェードを使えばそれ程気になるものでもない、と実感しています。

「夜、寒いじゃん」と言われそうですが・・・それも否めませんが、シェードを使えばそれ程気になるものでもない、と実感しています。 ※感覚には個人差があります。

 

最近乾燥肌に悩む私としては、夏の空調は快適ですが、冬の暖房は過乾燥を招くのでなるべく控えめにしたい。でも寒いのは我慢したくない。わがまま放題、ですがそういうわけで、冬、太陽光で少しでも暖かい部屋がいいな! と感じております(今は)。

 

いずれにしても、冬の暖かさ、明るさをお望みであれば、南向きの吹き抜けに大きな窓(又は沢山の窓)を設けるのがいい、と思います。

 

 

 

2017.02.15

こんばんは林です。

早速本題に(笑)

今日は、新たなお住まいの事例

今回は、既にHPにも更新されてますし、ほかのブログでも紹介されてしまいました。

先を越された(笑)

170202_0073

この炉の中の真っ赤な木!もう間違いなく暖かい!

170202_0065

私共、薪ストーブ屋か!?と思わんばかりに最近は薪ストーブ推しです(笑)

だけど、多くの方が経験する機会が少ないだけで、本当に良いものなんですよね。

家づくりをお考えの全ての方に、一度は体験頂きたいです。

170202_0057

今回ご紹介できるお住まいは、こんな感じの空間です。

左側の一枚板が、また良い感じ。

比較的明るさ満載と言った室内が多い我々ですが、こんな感じの少し落ち着いた感じも如何でしょう?

170202_0064

こんな暖かく快適な空間で、ゆったり過ごせたら本当に幸せだと思います。

皆様も是非御参考下さいませ。

2017.02.14

吉田です。

 

今週、浜松で開催予定の住宅リフォーム補助金活用セミナー。今回は私が講師を務めさせていただきますが、その中で「防蟻防腐」というものが重要な要素になっています。

元々弊社が得意としているから、ということではなく、国土交通省の基準として重要な要素になっているということです。

 

基準には、劣化対策としてあちこちに「防蟻」とか「防腐」という言葉がでてくるわけですが、それはかつての大地震の際、倒壊した建物の多くにシロアリ被害が確認されたから、というのが大きな要因と思われます。

 

実際の被害写真を数点紹介します。

pho_17b

外壁のタイルをめくってみたら・・・とか

pho_95b

ベタ基礎といえども絶対大丈夫なんて言えません。

pho_91b

基礎パッキンでもダメな時はダメですね。

 

以前と比べてかなりシロアリ被害は少なくなりつつありますが、ベタ基礎にしても基礎パッキンにしても一度その難関をパスされてしまえば、どんどん食害は進みます。

 

しばらく床下の点検を行っていない場合は、腐朽菌の有無も含め点検することをお勧めします。また、場合によっては防蟻防腐工事にも補助金が利用できますので、まずはセミナーにご参加ください。

お待ちしております。

2017.02.10

こんばんは、林です。

雪が降り始めました。。。(ーー゛)

今日は、豊橋店で仕事してましたが、豊橋は結構簡単に降りますね。

これが浜松だとほぼ降らないのですが、大して離れてもいないのに不思議です。

さて、久しぶり?当社の社員が家を建てましたので、簡単に御紹介。

170202_0016

リビングダイニングです。

正面の変わった色合いの壁は、羽目板にホワイト塗装の拭き取り。

_MG_1898

南面は広大な吹抜け。

2階廊下の本棚は、いつもはもっとたくさんのモノが置かれている様です(笑)

そのまま写しても良かったのでは??

170202_0029

階段下は、室内犬の家になっている様です。

中々良い場所を貰っていますね。

お施主様は、彼です。

無題

新築の施工管理、積算、リフォーム営業と幅広い経験を積んできたキャリアの持ち主です。

次回、もう少し御紹介しますね。

では。

2017.02.09

吉田です。

 

以前相方が書いていましたが、、、、本当に私は人の話しばかりで、相方はモノの話しばかりで・・・偏っていますが、足して二で割ってOK!ってことで。

今日も人メインの話しです。

 

昨日はアイジーワークス。毎年2月は業界動向予測を勉強会として実施しています。

IMG_2620

鈴木章史君が解説

IMG_2621

最近知った情報を・・・いかにも最近知った情報のように?説明。作業と直接関係なさそうな話しも出てきますが、皆、真剣に聞いていました。

 

そして

IMG_2619

次はアフターの堀内が、完成後数年経った頃に起きているトラブルを紹介。

トラブル、ということはお客様にご迷惑をお掛けしている、ということなのでまずは確り対応させていただくことが大前提ですが、1日でも早く再発防止していく事も肝心要と考えています。

 

デザインや価格も大切ですが、このアフターからのフィードバックが我々の力であると確信しております。

実は弊社のメンテナンス事業部では、アフター代行サービスを実施しておりますが、そういったビジネスが成り立つくらい建て放しの会社が多いということだと思います。

 

アフターを自前でやるのは時間も手間もお金もかかる事ですが、それが必ず我々の底力となり、品質向上につながるはずです。これからも自前アフターを強みに、確り品質追求してまいります。

 

【おまけ】

アイジーワークスの大工さんから、結婚式の招待状が・・・

IMG_2622

ゲッ! 乾杯は何度もやってきましたが、ついに祝辞依頼が・・・頑張ります。

 

 

 

 

 

 

2月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
プロフィール
設計課 課長:林 行信
(はやし ゆきのぶ)

■資格
・一級建築士
■お客様へのメッセージ
プラン・設計を担当しております。お客様のご要望を取り入れながら、構造・デザイン・使い勝手を考慮した間取りをご提案します。

プロフィール
施工管理課 課長:吉田 俊介
(よしだ しゅんすけ)

■資格
・一級土木施工管理技士
・一般耐震技術認定者
■お客様へのメッセージ
施工管理の統括管理をしております。主に品質管理に重 点を置き各地域の現場の検査・工事計画を行っています。より長持 ちする工法を日々検証しています。

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア