火・水定休
受付時間10:00~18:00

施工管理ブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  施工管理ブログ

施工管理ブログ

ブログトップへ
2018年2月19日(月)

こんばんは、月曜日担当の村瀬です。

平昌オリンピックで日本人選手の連日のメダルラッシュ。

本当に凄いですね。

モーグルで銅メダルを獲得した原選手が愛用しているスキー板ですが、

大阪にある小さな会社が造っていて、今大会に出場した選手の7割のシェアが

あるそうです。天然の木材ならではの柔らかなしなり、一つ一つ選手に合わせて

職人の手による手造りが多くの選手に愛されているそうです。

「天然の木材」「職人の手」というところが、我々の家づくりに

通じるものがあり、なんだか共感できます。

 

さて話は変わりまして、市内で新築建築中のO様邸がついに完成しました!

 

IMG_7287_1600

弊社のママ設計士が建てたお家です。

ママ設計士ならではのアイデアが色々と盛り込んでおります。

私はマンション生活をしているのですが、日頃妻からよく聞く不満が

解消される設計になっています。

 

〇妻の声 その1

「キッチンと食卓が部屋で分かれているので、料理をして運ぶのが大変!」

「キッチンが狭いので、二人でキッチンに立てない!」

 

IMG_7261

コミュニケーションキッチンで解決。

キッチンとカップボードの間も1m程あるので、奥様が料理をしていても、

悠々と後ろを通ることが出来ます。

 

〇妻の声 その2

「玄関が狭いので、毎回靴を片付けるのが大変!」

「靴や傘、ベビーカー等の収納する場所がない!」

 

IMG_7246

広いシューズクロークがあるので、靴の収納、ベビーカー、スーツケース等も

収納できます。また冬の寒い時期は、コートなども掛けておくことが出来ます。

 

〇妻の声 その3

「食品、日常備品等の置く場所がないので、家が片付かない!」

 

IMG_7247

1坪の広さのパントリー。棚を設けることにより、収納もいっぱい。

片付けも楽ちんですね。

 

〇妻の声 その4

「朝、誰かが洗面所を使っていると洗濯物を運び出すのに混雑!」

 

IMG_7252

洗面台と洗濯機スペースを分けることで、朝の慌ただしい時間もストレスなく、

旦那さんとお子さんはお出かけの準備、奥様は洗濯などの家事が出来ます。

 

〇妻の声 その5

「一人でのんびりできるスペースがほしい!」

 

IMG_7299

日頃、お子さんの世話、家事と忙しい奥様にとって、一人でゆっくりしたり、

趣味を楽しむスペースは必要です。リビング、寝室とは別のちょっとした

リラックススペースがあったら、奥様も喜んで頂けるのではないでしょうか?

 

IMG_7254IMG_7303

その他にも様々なアイデア設計が盛りだくさん!

詳しくは、こちらの動画をご覧ください!

⇒⇒⇒ 見学会会場動画

今週末に見学会を開催しますので、是非お越し下さい!

 

2月24・25日 新築完成見学会_名古屋市-2

2月24日(土)、25日(日) 新築完成見学会

 

 

 

 

 

2018年2月17日(土)

こんにちは!

芥川です!

まもなく南区のA様邸お引き渡しが近づいて参りました。

写真 2018-02-17 14 34 13

木部にウォルナットの着色を行い、とてもシックな内装となりました。

写真 2018-02-17 14 34 09

吹き抜けに天窓もあり、光が差し込んでとても気持ちが良いですね!

 

着色を行う事によって雰囲気ががらっと変わります。

もっといろんな雰囲気を見たい方はこちらを!!

2/24(土)・25(日)新築完成見学会|名古屋市緑区

数々の家づくりに携わってきた設計士の家で見学会が開催されます!

動画もありますのでぜひご覧ください!

 

 

 

2018年2月15日(木)

こんにちは

鈴木です

ひさしぶりの「ちょりの家づくり」です

いまの進捗としては、コーディネーターと打ち合わせをしております

家の仕様に基づいて、詳細を決めているところです

さてさて、施工管理(現場監督)の私といえば、

進捗に合わせて、図面から建物の納まり検討したり、

工程表の作成や業者さんの手配をしております。

現地のほうは、

IMG_6527

以前は途中までしかなかったU字側溝が

IMG_6840

行政のほうで、きっちり繋いでいただきました

これから、外周面には、ブロック擁壁を施工予定です

電柱は、新規に建てていただく計画です

電線を宅内に引き込む際に、隣地を跨ぐことなく引き込きこむのが

基本です。(もちろん跨ぐ側の地主さんに承諾を頂ければ可能ですが)

今回の場合は、その引き込みが、難しいために新規で建てていただく方向で

話を進めております。

場合によっては、鋼管柱設置など有料で対応しなければならない

ケースもあるため注意が必要です。

あと、最後に

地盤調査を行いました

調査報告書(服部哲次様 美子 様邸)-24

いくら建物が丈夫でも・・・地盤の補償は大切です

当社では、免震補償も取り扱っています

今回は、地盤の強度がありましたので、特別な地盤改良は無しという判定になりました

われわれ、施工管理は、ずっと永く暮らしていただくための準備を行っています

2018年2月12日(月)

こんばんは、月曜日担当の村瀬です。

皆さん3連休をいかがお過ごしですか?

どこかへお出かけしたり、友達とスポーツをしたりという方が多いでしょうか?

 

IMG_7204

現在完成間近のO様邸は、お家でプチリゾート気分を味わいながら

ゆっくりと家族で過ごすのにピッタリなお家になっております。

 

IMG_7216

マンション生活だったO様が、緑の中、自然体で暮らす

「ガーデンライフ」に憧れ、今回大きな中庭があるプランになりました。

 

RIMG6397

中庭を眺めながら、ウッドデッキで読書をしながらゆったりと過ごす。

こんな贅沢な一時がお家で出来るといいですね。

 

RIMG6396

リビングから寝室に向かう廊下の途中にはこのような読書コーナーがあり、

こちらからも中庭を眺望することができます。

 

読書コーナー

家事も趣味も休息も楽しみたい!奥様の為の憩いの場になっております。

 

IMG_7205

こちらはまだ工事中ではありますが、吹抜けになります。

キャットウォークやその他ちょっと楽しい回遊動線の吹抜けになっています。

 

2月24・25日 新築完成見学会

今回ご紹介させて頂いた物件ですが、新築完成見学会を開催致します。

開催日 : 2月24日(土)、25日(日)

「弊社女性設計士が建てた家」

特に奥様方には共感して頂けるプランになっておりますので、

是非一度ご覧にいらっしゃってください。

 

2018年2月9日(金)

こんばんは!

金曜担当の芥川です。

見学会の情報です!!

2/24(土)・25(日)新築完成見学会|名古屋市緑区

アイジー女性設計士が建てた自分の家

485881aa87260a803a7851ba9f6a8b10-450x300

アイジースタイルハウス名古屋ショールームの設計アシスタントが自ら設計した住まいです。

見どころたくさんのお家ですが、今回はこちらをご紹介致します!!

頭で解り、身体で納得 「動線」設計ポイント

  1. 3D動線

動線新時代!グルグル回れる横回遊動線と1階と2階を繋ぐ縦回遊動線!

横だけでなく縦もつなぐ動線となっております。

図1

2.家事ラク動線

カナダで学んだ裏動線を私スタイルにアレンジ!

買い物⇒玄関⇒パントリー⇒キッチン。一筆書き帰宅動線

図6

 

3.効率かつ効果的設計

ルンバゾーニング

忙しい働きママの為に! ルンバを最大限に活用できるように

ルンバの動きを計算したリビング設計&家具(ダイニングチェア)の選定!

図5

 

4.風の動きも大切! 風動線

東西南北、上下左右 全ての風が通るような風動線

エアコンを効果的&経済的に使えるように

ドア、部屋、エアコン配置に設計しています。

図4

 

このようにいろんな考え方の動線がこのお家に入っています!

是非、お越しください!!

2018年2月7日(水)

こんにちは。

西浦です。

先週末、皆さんは豆まきしましたか。

私も自宅で子供たちと一緒に豆まきとお菓子巻きをしました。

そしたら、お菓子巻きにはまってしまい、なんでもない日でも

お菓子巻きを勝手にやっています。

いつまで続くのでしょうか・・・

 

さて、少し前にRF工事が完成したお宅ですが、

紹介したいと思います。

IMG_1034

ここまで和風の和室を施工したのも私は初めてでしたが、

材料の一つ、一つまでこだわりとても素敵な和室に

なりました。

IMG_1114

玄関収納も無垢の一枚板を使用しました。

和室だけでなく、すべてにお施主様のこだわりが

あり、素敵なお宅に改装するこができました。

 

before

写真 2016-12-23 16 29 35

after

IMG_1116

 

 

 

 

 

 

2018年2月5日(月)

こんばんは、月曜日担当の村瀬です。

節分が終わり、暦としては立春というのに、寒さが一段と増したように感じます。

今週末には平昌オリンピックが開催されます。

今年は金メダル候補もいっぱいいるので、楽しみですね!

 

RIMG6288

先週、豊田にある猿投温泉へ行って参りました!

何をしに行ってきたかというと...

 

RIMG0077

名古屋のアイジーワークスの新年会を開催しました。

昨年よりグレードアップし、今回は温泉でお泊りでの開催でした。

 

RIMG6294 RIMG0017

RIMG0028 RIMG0040

みんなで酒を呑み、バカ話をしたり、熱い想いを話したり、

「手押し車選手権」「早くしゃみ出し選手権」「腕相撲選手権」等の企画で

いい大人が真剣にバカをして、楽しい時を過ごすことが出来ました。

 

IMG_6952

今年も「1棟入魂!」の想いで、最高の家づくりをこの仲間と行って

いきたいと思っておりますので、今年も宜しくお願い致します!

 

今月末2月24日(土)、25日(日)新築の完成見学会を開催致します!

この熱いメンバーと共に造り上げた新築住宅を是非見に来て下さい!

 

2月24・25日 新築完成見学会_名古屋市-2

しかも、弊社の女性設計士さんのマイホーム。

色々と素敵なアイデアがいっぱいで、監督をさせて頂いた私も頭を悩ませながら、

施工させて頂きました(笑)

 

キャプチャ11

 

2018年2月1日(木)

こんばんは

鈴木です

_MG_0918

寒い日が続いてますね

こういう寒い日には、注意しなければならないのが水道管の凍結です

特に、お湯の管は、凍結しやすいので注意がしやすいです

給湯器などは、壊れてしまうこともあります

では、どうやって注意するの?って話ですが・・・

とくに浜松という温暖な地域に住んでいるので、無知でした。

で、どうするんだろう?って気になって調べました

まず給湯器には、凍結防止の機能がついていますので、

①給湯器の電源プラグをコンセントから抜かない

②残り湯を浴槽の循環金具(お湯が出てくる部分)より5cm以上、上部まではっておく

これで自動的にお湯を循環させて、凍結を防止してくれるようです

また、エコキュートなども基本は同じですが、凍結防止の作動条件は、メーカーによってばらつきがあり、

三菱製品は、自動湯張りを完了した状態でないと凍結防止が働かなっかったりしますので、

いま一度、取り扱い説明書で確認してください

また、水道管の凍結防止には、特に露出部分にタオル(アルミホイルも良いらしい)を巻くなどして

温度低下を防ぐ。ほかには、チョロチョロと水を出しておくなど方法があります

IMG_6643 (1)

 

万が一凍結してしまったら、氷が解けるまで待つというのが最善のようです

地域柄、凍結なんてしない!と思っていても、必要な時に「あれ??」なんてこともあります

ちょっと「寒波が到来!」なんて日は、凍結するかも!!っておもって、対策してみてください

 

 

 

 

2018年1月31日(水)

こんにちは。

西浦です。

先週末に初詣に行ってきました。

そこで、おみくじを引きましたが、凶でした。

今年はダメな年なんだと思うと、余計悪くなってしまいそうなので

前向きに捉えて1年頑張っていこうと思います。

 

さて、本日はI様邸の現場に行っていきました。

工事も終盤で残りわずかです。

クリーニングも終わり、床や設備が姿を現しました。

RIMG5510

RIMG5428

RIMG5512

ステンレスの天板のキッチンがリビングに入ると目に

入ってきます。

とても素敵な空間です。

リビングには吹き抜けもあり、開放感も抜群です。

 

 

 

~イベント案内~

2月4日(日) ⇒こちら

お施主様宅訪問会を実施します。

私も一昨年家を建てましたが、子供部屋日当たりがいいので

冬でも一度も暖房を付けたことがないです。

是非、お施主様宅を訪問して体感してみてください。

 

 

 

2018年1月25日(木)

こんばんは

鈴木です

さむ~いです

とにかく、外にいるだけで、手がカチカチです

この時期に外で作業している職人さんには頭が下がる思いです

さて「ちょりの家づくり」ブログがスタートしてます

お客様の目線から

家つくりに関わる担当者側から

「家ってこうやって建てるんだ!?」

「こんな準備が必要なんだ!?」

にどんどん迫っていきたいと思います

今回は、敷地調査です

あくまで、施工管理の目線ですが

IMG_6530

ここがちょり様の購入予定の土地です

CHECKする項目は、だいたいこんなところです

IMG_6526

土地の境界がどこに入ってるのかな

または、きちんと境界杭があるのかな

IMG_6521

ここには、下水道が入ってますね

では、水道はどうかな?

IMG_6522

おや、ここにガス管がありますね

IMG_6532

お隣のブロックに欠けや亀裂がないかな??

IMG_6533

あとはそう!

電柱がどこにあるのか?

建物まで、隣地を通らずに引き込めるか?

あとは、

IMG_6527

先に見える側溝は、どうなるかな?

あそこで終わり?こっちの敷地まで延長するの?

IMG_6524

このミカンの木は、いつ収穫?

売買されたあとは、切りとられるの?

なんてことを考察しながら、あれこれ見てます

こういったCHECKから

・土地の造成には、いくらの費用がかかりそうか?

・建築の安全と通路・駐車場の確保、またそれにかかる費用は、どうか?

などを検討していきます

 

2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
Profile
施工管理・リーダー:鈴木 章史

■資格 二級建築士
■お客様へのメッセージ
形のない住宅をみなさんと一緒に創造していく中で、喜びや感動を共に感じられるようにお手伝いをさせていただきます。

火・水定休
受付時間10:00~18:00