火・水定休
受付時間10:00~18:00

施工管理ブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  施工管理ブログ

施工管理ブログ

ブログトップへ
2018年4月20日(金)

こんばんは!

金曜担当の芥川です。

いよいよ明日は待ちに待った5寸檜の家の上棟日です!

この方のブログにもありますが、とても楽しみです!

楽しみ過ぎて私も上棟に参加させて頂く事になりました!

精一杯お手伝いさせていだきます!

5寸檜の家が見たいという方はこちら!!

5/3・4・5・6&12・13 新工法の構造見学会

d0617d9b58f981b86a61f569c067f802-450x300

構造見学会に是非お越しください!!

それでは!

 

 

2018年4月18日(水)

朝から雨でしたが、なんとかできました土台据え

こんばんは鈴木です

昨日から、朝になれば、雨やむでしょ!とポジティブシンキングしていました

朝起きると雨!やばいどうしよう!ってなりました。

しかし、9時には、雨も上がり、お天気回復!

IMG_7567

土台据えでは、床が濡れているのが致命的なのですが、

11時くらいには、基礎内の水を排出して、ここまでの状態になりました

IMG_7569

そして、土台を据えつけて乾いた状態を確認して

IMG_7580

無垢ボード(合板ではないです)という無垢材のハギ板を敷きました

ここで、乾いていないと基礎内部の湿気でカビの発生原因になってしまうので要注意

IMG_7585

1階の材料を床の上に広げて、上棟の準備です

IMG_7590

そして帰りには、養生をして、おしまいです

さて、ここまでで、なにか気が付いた人います?

気が付かないでしょうね?

写真の出ていた材料は、すべて檜です

そして、1Fの梁材の一部は、なんと150mm

IMG_7588

柱も150mmを使用しています

詳しくは、こちらまで!!

2018年4月18日(水)

こんにちは。

西浦です。

リフォーム完成見学会

今週末に4月22日(日)にリフォーム完成見学会があります。

屋根だけを残して、それ以外をすべてリフォームしました。

RIMG6398

新築といってもいいぐらいの完成度です。

RIMG6479

RIMG6427

元々既存宅にあった照明や大理石を使用して、

想いでの物も取り入れた住宅となって

おります。

RIMG6423

4月22日(日)1日限りの予約制の見学会と

なっていいます。

是非お越しください。

詳細は⇒こちら

2018年4月17日(火)

こんばんは、村瀬です。

最近、雨の影響か少し花粉症がおさまってきました。

先日、タクシーの運転手さんから花粉症に甘酒がいいと聞きました。

また花がムズムズしてきたら、一度試してみようと思います。

また成果をご報告させて頂きます。

 

DSCN1754

今日は、こちらのSG(スーパージオ)工法をご紹介します。

SG工法とは、建物の重量と同等の土を取り除き、SG材設置して、

地盤を軽量化する置き換え工法の地盤補強方法です。

上の写真の材料を下の写真のように設置していきます。

DSCN1787

DSCN1786

このように、土木シートで包んでいきます。

IMG_1139

それを全体的に計画された配置にセットしていき、砕石で埋め戻していきます。

DSCN1793

砕石を転圧したら、完了になります。

杭などと違って、大きな重機は必要なく、基礎工事と一緒にできるので、

施工性もよく、その分費用も抑えられます。

SG工法は、免震、液状化対策に優れており、

保証の内容も従来のものより、より安心して頂ける内容となっています。

ずっと長持ちで、安心な家を志す我々の家づくりには欠かせない工法です。

それでは、また。

 

2018年4月14日(土)

  基礎完成した時「あるある」 ってなに??

こんにちは 鈴木です

先週につづき、ちょり様邸の基礎工事の進捗になります。

IMG_7549

いよいよ基礎工事が完成しました

外周もキレイに砕石を敷き詰めてあります。

これには理由がありまして、基礎工事が終わったばかりの

外周の土は、掘り返されたこともあって、雨でぬかるみがちです。

今後の工事で、入れ替わり立ち代わりで職人さんたちが入ってきた時に

土が、ドロドロになってしまうことを回避するために敷きならしています

特に道路まで土を引っ張ってしまうケースも少なくないので

そういった配慮をしております

また、弊社の基礎の工事の特徴としては、

IMG_7561

基礎の布幅(立ち上がりの厚み)が150mm!!

IMG_7556

こちらは、基礎に奥に空いてる大きな穴に注目!!

弊社では、基礎断熱を採用しており、工事進捗に合わせて、断熱施工していきます

その際に、床下の除湿と空気の循環をかねて、換気扇が入ります

その排気口になるところなのです

縁の下の力持ちではないですが、自慢のポイントです

IMG_7554

前回は、砕石を敷き詰めてあったポーチ部分も完成してます

そして、基礎完成時「あるある」ですが、お客様の7割以上が

「私たちの家ってこんなに小さいんですか??」とおっしゃいます

もちろん小さくないです。上棟した後には、実際に大きさを実感できると思います。

それにしても、人間の空間認知能力ってこんなものなんでしょうね。

奥行があるよりも、高さがあるほうが、大きく感じるだと思います。

かってな持論ですけど(笑い)

 

 

2018年4月13日(金)

こんばんは!

金曜担当の芥川です。

明日は待ちに待った見学会が開催されます!

4/14(土)・15(日)新築完成見学会|浜松市北区

写真 2018-04-13 17 57 22

外観です。

黒の瓦と白い外壁はやはり合いますね!

写真 2018-04-13 17 57 57

お気に入りポイント!

2階にある和室です。

窓からは河川敷が見渡せて、とても気持ち良いです!

ここでならどんだけでも居られます!

他にもいろんな見どころがたくさんあります!

是非お越しください!!

 

2018年4月11日(水)

基礎完成目前です

こんにちは、鈴木です

先週の立ち上がりにコンクリートを打設してから

IMG_7434

約1週間の養生期間を経て、いよいよオレンジの型枠を外します

IMG_7492

IMG_7489

この養生期間も日中の平均気温のよって変わってきます

一般的に気温が高いほど、短い期間でも一定の強度が発生します

IMG_7529

型枠を外せば、立ち上がりのコンクリートが出現

IMG_7532

基礎内の砕石部分は、玄関ポーチとなる部分です

砕石を敷き込み、高さを調整して、上にコンクリートを流し込みます

基礎完成まであと少しです

2018年4月11日(水)

こんにちは。

西浦です。

先週は次男の入園式でした。

幼稚園に行きだして、なんでも自分でやるようになり、

子供の成長を実感しました。

子供はなんでも吸収して成長していくので、私も負けずに

成長していかないといけませんね。

話は変わりますが、自宅を新築してから家を楽しみたいと思い、

DIYをしてみたり、色んな家で楽しめるアイテムを購入したり

しています。

最近では、ハンモックチェアを取り付けてみました。

打ち合わせ中のお客様だったり、オーナーさんでつけている方が

多かったので欲しくなって取り付けてみました。

20180405_164401

乗り心地が良く、子供たちも気に入って楽しく使っています。

家でみんなが集まり、楽しく豊かに過ごせる生活がいいですよね。

家を建てる時に、みなさんどんな暮らしがしたいか思い描くと

思います。それを実現していく為のお手伝いをさせてもらいます。

 

 

 

2018年4月9日(月)

上棟

こんばんは、村瀬です。

RIMG6658

先週末、安城市で上棟を行いました。

天候が心配されておりましたが、なんとか天候も回復し、

よい上棟日和となりました。

 

RIMG6660

弊社の建物は、構造材に無垢材を使用しております。

集成材とは違い、香りがなんとも言えません。

 

RIMG6668

屋根の下地には杉の野地板を使用しています。

こちらも香りがなんとも言えないいい香りです。

花粉症もちの私には少し鼻がムズムズしてしまいますが...(笑)

 

RIMG6677

夕方には無事上棟となりました。

弊社のお客様から、「IGさんの家は完成直後の特有の変な匂いがしないですね」

とよく言われます。それは我々の家づくりが0宣言、健康へこだわりがあるからです。

K様、木の香りに包まれた素敵なマイホームの完成をお待ちください!

 

桧の香り

IMG_1269

先日、製材工場を見学に行って参りました。

桧の香り囲まれ、とても心地良かったです。

香りフェチになってしまいそうです(笑)

それでは、また。

 

 

2018年4月7日(土)

コンクリートを打つ前にすること

こんばんは

鈴木です

ちょり様邸の基礎もだいぶ進んできました

IMG_7388

前回の続きから、配筋検査の合格後にコンクリートの一回目を打設しました

1回目は、ベースと言われるベタ基礎の床の部分になります

ご覧のように、コンクリートを打ってしますと、基礎の鉄筋の状況が分からなくなるので

しっかりとしたチェックが重要になるのが分かりますよね?

その後は、

IMG_7429

2回目は、立ち上がりの部分をコンクリートを打ちます

最初に、型枠【オレンジ色の鉄のプレート】を、基礎の通りに組み立てていきます

例のごとく、こちらもコンクリートを打つ前の検査があります

IMG_7415

まずは、鉄板の型枠から、黄色に木枠がみえると思います

ここは、建物が完成した後も、点検ができるように、人が通れる通路をなります

ここには、コンクリートを流さないようにバリケードしています

 

IMG_7403

こちらは、基礎の幅が適切な幅であるか確認しています

弊社では、基礎幅150mmの基礎になります

IMG_7420

こちらは、基礎からは、土台を締めるためのボルト「アンカーボルト」と

基礎と柱を固定するボルト 「ホールダウンボルト」の2か所の位置を高さを確認しました

構造計算によって位置は決まるので、多ければ良いというものでもありません

IMG_7435

ほかにもいろいろと確認を行い、コンクリートを流し込みます

ここから養生期間を設けて、基礎完成となります

 

4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
Profile
施工管理・リーダー:鈴木 章史

■資格 二級建築士
■お客様へのメッセージ
形のない住宅をみなさんと一緒に創造していく中で、喜びや感動を共に感じられるようにお手伝いをさせていただきます。

火・水定休
受付時間10:00~18:00