名古屋プロデューサーブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  名古屋プロデューサーブログ

名古屋プロデューサーブログ

2017.04.28

みなさんこんばんは小林です。

先日の定休日に【とある用事】がありショールームへ立ち寄ると、星野さんがメンテナンス中でしたので、一枚パシャリ!

IMG_2484

ウォールナットの一枚無垢でできた人気のダイニングテーブル。

ショールームオープンして丸4年。

お打合せの数だけキズやシミができていました。

表面にペーパーをあてキズをシミを削り、最後にワックスで仕上げる計画。

さて、どんな仕上がりになったかは後程、お楽しみに(笑)

 

冒頭申し上げました、【とある用事】とは・・・

 

実はこの日は、オーナー様のO様ご夫婦にお誘いを受け、有志を募って『春のBBQ』を楽しんで参りました。

 

IMG_2514 IMG_2515

IMG_2516  IMG_2513

春の陽気な天気も相まって最高のBBQ!

奥さまお手製のオードブルは上品な味で、まるで有名レストランにでも来ているのかと思いぐらいとても美味しかったです。

そして、なにより驚いたのは、お肉が美味しい事。

その理由は、御主人様のこだわりのグリル。

ガスを使って溶岩を温め、遠赤効果で肉を内側から焼くため、とても柔らかく肉汁が溢れてきます。

アメリカンスタイルのBBQグリル、私も欲しいなぁ・・・

配属されたばかりの新入社員の女子2名も参加させて頂き、オーナー様の暮らしを伺ったり、お宅を拝見させて頂いた事で、彼女達のモチベーションがUPしたこと間違いなしです。

 

さて、朝からショールームメンテナンスを頑張ってくれていた星野さん・・・

IMG_2491

お疲れ様でございます。

BBQを堪能し、当社自慢の癒しの空間でぐっっすり眠ってしまいました・・・

IMG_2492

今年浜松へ異動した武内さんが星野さんをいじっております(笑)

日が暮れてきたので、屋内へ移動。

O様が企画してくださったゲーム大会のはじまりはじまり!

チーム対抗戦の為、『勝つぞー!』 『おーっ!』ってなぐあいで気合を入れました。

IMG_2496IMG_2497

みんな初体験のゲーム、その名も『ピクショナリー』

お題となる英単語を1人が『絵で描いて』答えるクイズ。

もちろん、文字を書いてはいけません。

絵ごころとイマジネーションが重要です。

IMG_2499IMG_2502

あれれ?絵が上手なはずの、設計課長・林くんが悩んでおります。手が止まってますぞ(笑)

ピクショナリーは大盛り上がり!僅差で負けてしまいとても悔しいです、次は必ず!

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、お別れの時間。

最後に全員で記念撮影をさせて頂きました。(ぐっすり星野さん、最後には再登場です)

IMG_2509

O様、お招きいただきまして誠にありがとございました。本当に楽しい時間を過ごす事ができました。

スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

オーナー様と【建築会社】と【お客様】の枠を超えた、【人と人としての繋がり】が持てる事、大変嬉しく思うとともに、スタッフ一人一人の自信と誇りになります。

これからも末永いお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

 

最後にメンテ完了したテーブル。

本物の無垢だから、手を入れ、味わいを増し、永く愛着をもって付き合う事ができますね。

星野さんありがとう、大切に使います。

IMG_2510IMG_2511

 

2017.04.27

皆様 こんにちは

最近、少しずつお酒を飲めるようになってきました 山口です。

先日、初めてお会いしたお客様からコチラのおはぎを

オススメして頂けました!!

1 (1)

近くのお店で、過去に「キャッチ」という中京テレビのニュース番組にも

取り上げられたことの有る、おはぎだそうです。

実際に食べましたが、「おいしい」。

皆様もぜひ、「やおすず」のおはぎご賞味ください!

 

さてさて、先週末、M様のご契約を頂きました!

1 (3)

上の写真は、ご契約書に捺印を頂いている調印式のお写真です。

 

今住んでいる建物の建て替え工事をさせて頂きます。

M様の建て替えのきっかけは、

「今よりも良い環境で、自分が心地よいと感じる家で

余生を楽しく過ごしたい」です。

 

現在住んでいるお家が、冬はとても寒く、夏は家に居られないくらい

暑いというのが非常に大きな悩みでした。

 

残された人生をもっと楽しみたい、という事で

様々な本を読んだりされながら、弊社、IGを知って、ご契約となりました。

初めてお会いした時は、2月初旬。

約2か月半のお打合せでしたが、あっという間でしたね。

偶然、今の土地の形状とそっくりなお家での見学会もあったこともあり、

これから建築するプランのイメージがしやすかった、というのも

大きな要因かもしれません。

 

今回、M様のお家は、

今はご主人様が趣味にしているレコードや本を楽しみながら過ごし、

将来的に、息子様ご夫婦が住まわれる、という将来の2世帯を見据えた

計画になっております。

 

自分の代だけでなく、息子様、お孫様まで

引き継いで使って頂ける住宅を、私たち、そして

心を込めて施工して頂いている職人さんたちでしっかりと

お家造りのサポートをさせて頂きます。

 

完成は、年末!

今よりも良い環境で年越しをして頂けるように

頑張って参ります!!

 

ではでは。

 

 

※おまけ

TOMO’sキッチンのコーナー!

1 (4)

今回のメニューはドライカレーです!

いつものカレーも好きですが、

私はドライカレーの方が好きだったりします。

というのも、実家のカレーのお肉はひき肉を使います。

一言で言うと、「母の味」でしょうか。

最近、実家になかなか帰れていないので、

GWはしっかりと実家に帰ろうと思います。

 

また、ドライカレーを作りながらこちらも作りました!!

1 (5)

「ミートパイ」です。

最近で作ったものでダントツにおいしいです!

自慢したいが故に、ここ最近のお弁当に持ってきました(笑)

 

料理をしているときは夢中で料理をしています。

自分が好きなことをしている時は、楽しい気持ちになりますよね。

 

 

ちなみに、

最近のブログが面白いこちらの設計士

実は、料理を良くしています。

2人でご飯に行くときは、だいたい料理の話をしています。

どんな料理を作っているのかは、

コチラのブログで書かれるでしょう。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

2017.04.24

こんにちは。杉山です。

 

先日、北名古屋市にて、S様の地鎮祭を執り行いました。

rt6r4565ertyghh

天気にも恵まれ、地鎮祭日和でした。

 

S様との出会いは

ちょうど1年前。

オーナー様のお宅を訪問する

「体感ツアー」にご参加頂き、

実際の住み心地や、オーナー様からの生の意見を聞いて

興味関心を持って頂いた事をきっかけに

「平屋」というご要望を実現させるべく、

何度も何度もお話ししてきました。

外観ℊ554エおお

弊社はモデルハウス、展示場は無いため

建築後のオーナー様にご協力頂いて

家の造りや住み心地を体験して頂いています。

 

これから建築するお客様にとっては

「モデルハウスは良くできすぎていて住む場所ではない」

「自分達も生活のイメージできる、等身大の家が見れた」

と言って頂けます。

 

S様も完成した平屋のお宅を見せて頂きイメージを膨らませたり

実物を見て等身大の家造りイメージをしてきました。

 

 

S様の土地は南東が開けている土地なので

サンサンと光が入り

ポカポカと温かい熱が入る計画となりました。

内観6499hhy

まだまだこれからも

お打ち合わせが続きますが、

念願のマイホームの為、

スタッフ一同しっかりサポートさせて頂きます。

S様99hhyf

この度は誠におめでとうございました。

そして、これからもよろしくお願い致します。

2017.04.22

お元気ですか?

今月は花粉症やら鼻風邪やらのクシャミで

腹筋使いまくり。体力消耗がハンパない。

ランニングも今月は危険信号点滅中~。

(^^;)

 

お元気ですか?走る(それでも言います!)

トップエイジナビゲーターの池田です。

そんな今日この頃の私ですが、本日は築

40年のお家の床下を潜ってきました。

P1040383

狙う方向に向けて、カメラを持つ手を伸ば

しての1ショット。

私が写っているのは、ブログを意識した訳

じゃあありませんヨ!(笑)

 

さて、築年数が経過したお家にお住まいの

方にとって、リフォームや建替えを考える

のはとっても楽しみですね。

同時に、そんなワクワクする夢を実現する

為の資金をどうするか?と言う現実にも向

き合わなければなりません。

 

そこで、ありがたいのが補助金!

最近は、国の施策でリフォームに対する補

助金制度の拡充が進んでいますが、新築に

も使える補助金はちゃんとあります。

その一つがこちら。

住宅ストック循環支援事業補助金

 

昨年10月11日に予算が成立した補助金

制度で、次の3種類のメニューがあります。

(↓クリックで拡大)

20170422

その内、赤枠で囲ったメニューが、建替え

で受けられる補助金で、最大50万円です。

 

ただし、こちらを活用する場合、建替え

工事を請け負う建築会社が指定の「事業者

登録」をしている必要があります

そう、建替えようとする住宅が補助金対象

となる要件(建築時期など)を満たすだけ

で無く、依頼する建築会社にも条件が課さ

れますので、ぜひ注意してくださいね。

 

私たちアイジースタイルハウスは、補助金

制度の活用促進も以前からずっと行ってお

り申請書類などの作成は決して楽ではあり

ませんが、複雑な申請業務に対応してきた

実績がたくさんあります。

 

せっかく受けられる補助であれば、ぜひ利

用したいものですが、積極的に説明してく

れる会社は多くは無い様です。

 

もし、これらの制度にご興味が湧いたら

ぜひショールームにお越しください。

分かりやすく、丁寧にお話しさせて頂きま

す。

nagoyasr

【住所】名古屋市名東区一社1丁目79

第六名昭ビル1階

 

【地図】(クリックで拡大)

nagoyasrmap

地下鉄一社駅2番出口を西へ徒歩約3分

お車でお越しの際は、北側のコインパー

キング「パークンパーク」をご利用くだ

さい。(満車の場合は、受付にお声がけ

くださいね。)

 

↓ご来場予約が便利です!

nagoyasryoyaku

2017.04.20

皆様 こんにちは

自称晴れ男の新築プロデューサー 山口です。

 

昨日、4月19日(木)にK様邸の上棟をさせて頂きました。

 

朝6時に、出社するために自転車をこいでいると、

ぽつぽつと雨が。。。

ショールームに到着するころには、本降りなる寸前!

そのまま、会社の車で一宮市へ。

守山、春日井、小牧と進んでいくうちに次第に雨が弱くなり、

建築地に到着したころには、暑く感じるほどの快晴でした。

1 (1)

 

昔は旅行や遊びに行くたびに良く雨に降られていましたが、

今では晴れ男!!

 

朝礼にて、K様よりご挨拶を頂き、上棟スタート!!

1 (3)

お施主様のK様も見守ってくださいました。

たくさんの夢が詰まったお家がだんだんと形になっていく瞬間です。

 

朝、何もなかった場所に、夕方にはお家の形が出来上がっている。

何度見ても感動します。

 

名古屋店の責任者の小林も夕方、遠くから見つめていました。

哀愁漂う後ろ姿をこっそりとパシャリ。

きっとこう思っていることでしょう。

「また良い家づくりができたなぁ」

 

1 (4)

初めてお会いした9月から早半年。

「夢があるやん」と一緒に形にしてきた世界でただ一つのK様のお家です。

わくわくしないはずがありません!!

この建物を設計した森もこう思っていることでしょう!

「こんな良い家、設計したの誰だよ!あ、自分だ(笑)」

 

上棟式では、お子様のひなた君も一緒にお清めをしてくれました。

初めてのお清めに動揺することなく立派にやり遂げてくれました!

 

1 (5)

そして、最後には、K様ご家族様、そして上棟に携わってくれた

小森棟梁をはじめとする職人さんたちと記念撮影。

1 (6)

必ず、建てて良かった、と思って頂けるお家に私たちが

精一杯、心を込めて最後まで工事をやらせて頂きます!

 

記念撮影の後、ふとこんなことを思いました。

「ここの家にすみたいな」

 

今までたくさんのお家を見てきましたが、

自分が住みたいと感じるお家造りをすることができて

本当に感謝しています。

K様とのご縁はもちろん、社内の多くの方々に支えられて

初めて感じることができる気持ちだと思います。

 

先日上棟をさせて頂いたY様、昨日のK様、これからむかえるS様。

自分が建てたいと思える住宅づくりのきっかけは、

いつもお客様からです。

自分が建てたいと思う家づくりをしない住宅会社で

お願いするべきではないな、と改めて感じました。

 

最後に、K様、上棟誠におめでとうございました!

完成は、8月末。

見学会も開催するかも?です。

ではでは。

 

 

※おまけコーナー

「TOMO’sキッチン」

先日のお休みに甘酢天津飯を作りました。

最近の火曜日のメニューは中華が多いです。

 

 

1 (7)

ご飯のお供は、「ほろよい」

お酒に弱い私はほろ酔いでも十分に酔った気分になります。

天津飯を作って思いましたが、

「卵料理」はやはり難しい。

焼き目は非常にきれいで焦げ目が一つも無いように

焼き上げることが出来ました。

 

が!!しかし!!

なかなかフライパンから離れない。

フライパンの温度を高くしすぎたのでしょう。

卵料理はシンプルかつ簡単に見えて、実は、1番難しい。

もっと料理の練習をせねば!!

 

次回は、何を作ろうか。

お楽しみに!!

 

2017.04.17

こんにちは。杉山です。

4月17日(日)
構造現場見学会in長久手市

オーナー様体感ツアーin岡崎市
を開催しました。

バスに乗り、ちょっとした小旅行です。

jhgふぇrちゅいk

バスガイドの山口君

m34szxl

バスツアーまでしてオーナー様宅の訪問をする目的は

現場を自分の目で見て、オーナー様の生の声を聞いて

肌で感じて頂く事にあります。

 

私達の家造りは

建築生物学という学問に則って

本当に健康になる家造りをしています。

①温度

②湿度

③空気

④電磁波

上記4つを完全にコントロールしていかなければ

健康は実現できません。

 

構造現場見学会では
セルロースファイバーの吹込み実演

gssw3えでr4dfcr

健康を実現させるには①温度

温度をコントロールするには、「断熱」です。

セルロースファイバーの吹込みを見学頂き

壁の中の断熱の充填具合を確かめます。

1㎥あたり、55キロ~60キロ程充填していきます。

熱が逃げにくく、入りにくい環境が室内環境を健全化し

健康維持に繋がります。
電磁波対策のオールアース

l、こいjhcdrdxdrfgh

住宅に増え続ける室内配線。

配線が増えれば電磁波の影響が高まり

電磁波の影響で、睡眠障害、遺伝子損傷が

起こると言われています。

アースを取って電気、電磁波を逃がす事で

室内環境を健全化し、健康な住居となります。

 

 

続いてオーナー様邸訪問

岡崎市 S様邸

詳しくはコチラ

mfg23おjs

お話しをお聞きして

「湿度は50%前後を推移している」

 

冬のお話し。
室内に湿度があるとどうなるのか?

 

乾燥している屋外から帰宅した際に

以前は肌がカサカサしている事もあったが

家の中に居ると肌がウルウル潤っている事に気づいた。
肌の状態が変わった。というのです。
「湿度50%」という事がポイントという事でした。

顔や肌に潤いを与えるのは湿度であり、

湿度は究極ののスキンケアと言えるのではないでしょうか?

 

そういえば、私の家には、奥さんが買って来た

ミストのフェイスエステがあったような。

湿度の潤いって大切ですね!

まっその機械使っていませんが・・・

自然素材で湿度コントロールできるって

最高ですね。

 

はたまた夏のお話
夏場、ご近所の方はノースリーブで暑そうだが、

自分達は半袖ですごいしている位
家の中は快適のようです。

家の中は湿度が高すぎず、50%を維持する事で

カビ、ダニの抑制ができます。

湿度をコントロールする事で

室内環境を健全化し、健康な住居となります。

 

空気に関しても
新築の住宅は 車の新車の匂いがするという意見をよく聞きます。

それは接着剤などの揮発性有機化合物(VOC)が原因です。
S様のご自宅、0宣言の家では、有害物質である接着剤を使用しない為

新車のような嫌な臭いがせず、

またスペイン漆喰の消臭効果で

生活臭なども全くない事が解りました。

空気をコントロールする事で

室内環境を健全化し、健康な住居となります。

 

jhtrちゅいお

子供正直です。

裸足ではしゃいで、ありのままの姿で

過ごしていました。

良い空間では本能で気持ち良くなるものです。

 

身体は正直です。

健康な空間は

体が勝手に反応し、居心地よくなるのでしょう。

 

2017.04.16

みなさまこんにちは。

「自称料理男子」の山口です。

 

先日、今住んでいるアパートのガスコンロを掃除しました。

30分ほどかけて、ぴかぴかに磨き上げました!

a (3)

Beforeの写真を撮り忘れてしまいましたが、2日に1回は料理をするので

一人暮らしでも、すぐに汚れてしまいます。

それでもぴかぴかにすると気分もすっきり!

また料理を楽しく作れそうです!!

 

さて、ご新築を考えられる際は、お風呂やおトイレ、洗面台、キッチンといった

いわゆる水回り設備を決めていきます。

 

その中でなかなか多いご質問はコチラ。

「キッチンのコンロって、ガスがいいの?ラジエントが良いの?」

「今まで建てられた方は、どっちが多いのでしょう?」

この2つです。

ちなみに今までの実績を追っていきますと、

それぞれの採用率は半々です。

 

■ガスコンロを選ばれた方々

「今までガスコンロを使ってきたから、使い慣れたガスコンロにしました」

「子供に火の使い方を自分で教えてあげたくて!」

「将来的にお料理教室をしたいからガスの方が良いかなぁ」

 

■ラジエントヒーターを選ばれた方々

「調理器具を選ばないから楽でいいかな」

「掃除が面倒だから掃除のしやすい方がいいねぇ」

「余熱調理ができると聞い光熱費の節約に!」

 

私自身が将来的に選択をするのであれば、

いろいろと考えたうえで、ガスコンロにするかな、と思います。

直接火を見て加減調節をしたり、フライパンなどの調理器具の

暖まり具合が分かりやすいのはやっぱりガスコンロかなぁ、と

使用していて感じるからです。

 

だからと言って、ラジエントヒーターが悪い訳ではありません。

遠赤外線による調理ができるので、食材の芯から温めていきます。

結果的に、調理時間の短縮、さらにはキッチン回りのが熱くなりにくい、

というメリット。

さらには、調理したお料理がアルカリ性に近づく、という「健康」に対する

メリットがあります。

お肉屋やお米は酸性。

お野菜はアルカリ性です。

お肉も野菜もバランスよく食べなさい、と言われる理由が分かりますね。

 

ラジエントヒーターは、食べるものをアルカリ性に近づけてくれることで、

実は、体内のバランスを普段の食生活から良くしてくれます。

今はガス派の私もラジエント派になるかもです。

 

調理のしやすさ、掃除のしやすさ、火力の強さ、付加効果など

様々なことを考えながら、コンロも選んでいきます。

 

ラジエントヒーターを使ってみたい!という方。

弊社のショールームのキッチンに取り付けられていますので、

ぜひ体験しに来てくださいね。

 

ではでは。

 

※おまけ

先日の休日に、設計の森さんと現場監督の芥川さんと一緒に

仕事用のスーツを作りに行ってきました。

a (4)

明細柄のジャケットを羽織る森さん。

(※迷彩柄と分かってあえて誤字しております。

こちらのブログも合わせてご覧下さい。)

まさかこの柄で会社に来ることはないと思いますが。。。(笑)

 

a (1)

ボタンと裏地を選んでいる芥川さん。

ちなみに手前にあるグレーの生地が私の選んだ生地です。

 

完成は5月23日。楽しみです!!

ではでは。

 

2017.04.15

新年度2回目のサタデーを迎えた学生、社会人の皆さま。

こんばんは!走るトップエイジナビゲーターの池田です。

当アイジースタイルハウス放送部(部活か!(笑))も

4月の番組改編(!?)を迎え、これまでお楽しみ頂い

て参りました「水曜ブログでしょー!」も、土曜の夜枠

に移動。

タイトルも「サタデーナイトブロガー マイホーム夜話」

と改め、本日よりリニューアルしてお送りいたします!

「水曜ブログでしょー」同様、引き続きご愛顧のほど

よろしくお願い致します!

 

さて、ここの所、私、池メンは建物の調査尽くしです。

先週は豊橋店の小山さんに同行し、蒲郡市にて住宅の劣

化調査を行い

20170415a

今週金曜日には、当社でご新築のオーナー様宅の増築計

画の為の現地調査をして参りました。

20170415b

私たちアイジースタイルハウスの手掛ける住宅建築は

新築工事とリフォーム工事の両方です。

ご相談でショールームにお越しのお客様が一戸建てに

お住まいの場合、建替えて新築してしまうか?今の建物

を活用してリフォームするか?のご判断を「決断して

良かった!」と確信して頂ける様、建物の詳細な調査

をお勧めしています。

 

建物調査と一口に言っても、そのレベルは様々で、大

抵の場合、天井裏や床下まで潜ってくまなく調査する

建築屋さんはほとんど無く、スーツでも確認できる範

囲を見るだけの業者が大半です。

新築ならウン千万円、リフォームでも数百万から一千

万円以上もする様な、「人生の大決断」をいくら建築

屋さんが見るからと言って、そんな程度の調査結果で

判断しても良いものか?と思ってしまいます。

 

私たちアイジースタイルハウスは、シロアリ防除の先

駆者として研究を開始した1899年(明治32年)

から118年もの間培ってきた、木造建築物調査の実

があります。

それこそ、床下から建物内部を襲うシロアリの被害

今も118年前と変わらず、床下をくまなく調査しな

ければ分かりません。

 

国も最近になって、既存住宅の有効活用施策として

まず、建物の詳細な調査(インスペクション)を実施

する事を前提にして補助金を出すことになってきまし

たが、私たちはその建物調査の重要性に100年以上

も前から気づき、実施して来たと言う自負と実績があ

ります。

 

今、一戸建てに住まわれ、これから夢のマイホームを

実現しよう!とお考えの方は、建替えをご決断される

前に、一度、我が家の実態を知ることのできる建物調

査を受けられることをお勧めいたします。

2017.04.14

 

こんばんは小林です。

昨日は、5月から着工予定のT様邸の敷地調査へお伺いました。

相棒は、オーナー様の子供達に大人気の『あっくん』こと芥川監督。

 

『お客様に期待を上回る感動を提供したい』

この言葉が彼の心のドライブです。

彼は7年前に愛知の大学を卒業し、現場監督にあこがれ当社に入社。

しかし、1年目は監督になれず、涙を流しながらも我慢して、与えられた業務を全うしてきました。

2年目からは念願かなって監督へ、右も左も分からない事が多く2、3年はとても苦労していました。

しかし、ここ数年は一人で確りと現場を納め、お客様と共に喜びや感動を味う事ができ、大変頼もしくなってきました。

今後の活躍を期待している若き精鋭のひとりです。

 

そんな彼にとっては、現場調査も手慣れたもの。まずは境界の確認から。

敷地の境界には、プラスチックやコンクリート、金属でできた『杭』が入っている、もしくは新たに入れる事が一般的です。

しかし、入っている筈の杭が草や土などで埋まってしまう事が時折ありとても困ります。。。

今回も寸法からおっていくと、有る筈の杭がありません。。。

そこで、せっせと草をむしり、土を掘り起こしていきます。地味な作業です。

IMG_2376

しばらく掘っていくと、赤い目印がでてきました。

IMG_2378

大人気なく、杭が出てくると宝を見つけたみたいに喜んでしまいます。

『ほらほらほら、あったあった、予想通り、やったな、見つけたぜ』ってな具合です(笑)

 

そして、境界杭を全て確認した後に、土地の高低差を図る為、レーザーレベルを用いてポイント測定をします。

IMG_2391

IMG_2393

こちらも手慣れたものです。

今回は、斜面に計画地がある為、道路からや隣地からの高低差がかなりあります。

排水計画や車の乗り入れ、土地の流入流出、敷地内の水勾配などに関係してくる為、非常に重要な作業です。

 

その他にも、電気、上下水道、ガス、TVアンテナなどのインフラのチェック、工事車両が駐車できるか、ご近隣様へご迷惑かける事がないかなど、様々な視点で調査をしてきます。

 

また、プランニングしたお家からはどんな眺めになるのかも想像してワクワクしています。

今回のT様邸は、海と山、自然に囲まれた最高の環境。

そして、こんな素敵な眺望、なんと、島が見えるんです!

IMG_2401

いや~リゾート気分。

毎日、家に帰るのが楽しみです。休日にお子さんと散歩したり、海山で遊ぶのもいいですね。

周囲の色が移り変わる度、四季を感じる生活は最高の贅沢ですね。

 

敷地の中では、梅の花が美しく咲いておりました。

IMG_2396

残念ながら、こちらの樹とはサヨナラしなければなりません。

しかし、この地には、新たな人生の礎となる素敵なお宅が完成予定です。

IMG_2403

パース外観2

T様の待ちに待った家造りがいよいよスタートです!

家族の幸せと豊かな暮らしの実現に向けてチーム一丸となってサポート致します。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

 

2017.04.13

皆様 こんにちは

環境アレルギーアドバイザーの山口です。

 

この冒頭のあいさつにいろいろな名前を付けています。

といいますのも、より皆様のお役に立てるように様々な知識を身に付ける、

という活動を会社として取り組んでいるからです。

 

その中には、電磁波測定士や0宣言の家を手掛ける神宿認定資格。

そのほかにも環境アレルギーアドバイザーやシックハウス診断士などがあります。

本日は、その中でも環境アレルギーアドバイザーとして、

ブログを更新したいと思います。

タイトルにもあるように、「寒暖差アレルギー」というものが

花粉症のシーズンの裏側でひっそりと流行しています。

 

花粉症は、春は杉やヒノキ、冬はブタクサに悩まされている方々も

多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人でス。

 

しかし、実は、花粉が原因ではなく、寒暖差によって

鼻がムズムズしたりくしゃみが止まらなかったりする症状があります。

また疲れやすくなったりストレスが溜まってイライラしたり。

それが、寒暖差アレルギーです。

花粉症との違いは、1つ。

目がかゆくてグジュグジュしないこと、です。

目はかゆくないけど、くしゃみが、鼻水が、、、という方は

もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

 

私たち人間が対応できる温度差は何度までかご存知ですか??

実は、7℃です。

これ以上の寒暖差があると、花の中の粘膜が血管を大きく広げます。

すると、鼻水やくしゃみという症状になって表れるそうです。

対処法は簡単です。

文字のとおり寒暖差が原因なので、寒暖差をなくしてあげればOKです。

 

しかし、今の住宅では、なかなかうまく行きません。

なぜなら、リビングだけ暖かくて、一歩、廊下に出ようものなら

寒くてヒヤッとします。

リビングと廊下だけで10℃以上の温度差があります。

これでは、対処のしようがありません。

 

家の中の温度差は、アレルギーだけではなく、

私たちの命をも脅かすことがあります。

スライド1

家の中の温度差によって引き起こされる「ヒートショック現象」です。

極度な血管の収縮によって、血圧が急上昇し、

心筋梗塞や脳血管の晴れるによる脳卒中が主な症状です。

 

日本人の3大疾病の内の2つは、実は

住宅の性能の低さによって引き起こされていることを

知っておかなければなりません。

 

では、温度差をなくすために、

全ての部屋、廊下にエアコンを付ければいいのか、と言われれば

全くの誤りです。

機械は所詮、機械です。年数が経てば壊れます。

大事なのは家そのもののが温度のコントロールをすること。

「断熱」「遮熱」この2つです。

 

結果は一目瞭然。

スライド2

0宣言の家は、年中通して、リビング、寝室、脱衣場の温度は

同じ温度で推移しています。

つまり「家の中の寒暖差がほとんどない」という事です。

 

家こそ本来は、私たちの命を守ってくれるモノ。

かけがえのないものです。

しかし、今の日本の住宅は、家を建てたが故に、

病気になり、命を落とすというのが現状です。

病気になる家を建てますか??

絶対にイヤですよね。

 

自分が将来結婚して、子供ができた時は家を建てたいと思います。

しかし、病気になるような住宅ならいらないです。

健康に安心して過ごすことができる。

これが本来の「家」であり、私たちが皆様にご提供したいモノです。

 

どんな環境で子供を育て、どんな環境で自分たちの晩年をすごし

その一生を終えていくのか。

 

それこそが家づくりに必要な考え方です。

 

ではでは。

 

※おまけ

久しぶりのTOMO’sキッチンです。

image2

久しぶりに中華を作りました。

エビマヨ、炒飯、もやしと人参のナムル、卵スープ。

どれも簡単かつおいしいメニューなので、

一人暮らしの私にとっては重宝するメニューです。

 

先日、お打合せをさせて頂いているお客様から

「本当は作ってもらった料理を載せているんじゃないのー?」

というご質問を頂きました。

安心してください!すべて、私の手作りでございます!!

 

ではまた!

 

 

 

4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
プロフィール
店長:小林 念史
(こばやし としふみ)

■資格
・福祉住環境コーディネーター2級
・シックハウス診断士補(二級)
■お客様へのメッセージ
全ての方に『真に健康で安心安全で上質な暮らし』を実感して頂ける、確かな性能と品質を標準とした、ロングライフデザインをご提供していきます。 そして、共に過ごす時間が人生の財産となるとような、そんな出会いと家造りをスタッフとともに目指していきます。

プロフィール
池田 武司
(いけだ たけし))

■二級建築士
シックハウス診断士補(二級)
■お客様へのメッセージ
「私がもし、お客様であったなら。」 そんな思いを持ち続け、マイホーム新築の頼れるパートナーとして、お手伝いいたします。 安心、安全、健康で長持ちする本物の家づくりをぜひ体感してください。

プロフィール
杉山 英之
すぎやま ひでゆき)

■お客様へのメッセージ
一生に一度の家造りにおいて健康で幸せに暮らせる事を基準に、良いか悪いかアドバイス致します。 成功する家造り以上に、幸せになる為の家造りをお手伝いしますので、どんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。

プロフィール
山口 朋樹
(やまぐち ともき)

■資格
・環境アレルギーアドバイザー
・ファイナンシャルプランナー)
■お客様へのメッセージ
仕事をする中で、一番強く思っていることは「お客様に喜んでほしい」ということです。
そのために、できるだけ分かりやすく具体的な資料を提示するようにしたり、 お客様からのメールをすぐに返信したり、少しでも喜んでいただけるように努めています。

プロフィール
武内 貴珠子
(たけうち きみこ)

■お客様へのメッセージ
関わるお客様にはとにかく幸せになっていただきたい!と思っています。
そんなお客様の喜びの姿、笑顔が見られることがやりがいです。
100%感動のお引渡しをして、建てた後もお客様といい関係を続けられる、誠実な営業ウーマンになります!

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア